人気記事
【子連れ旅行記】2泊3日で北海道へ<2日目:旭川(旭山動物園)~札幌>
スポンサーリンク

 

こんにちは!

元保育士で2人の息子を子育て中のあいです。

 

2019年の7月のはじめに、まだ歩けない1歳とわんぱくざかりの5歳の息子たちを連れて、家族4人で2泊3日で北海道へ行ってきました♪

 

この記事では、その旅行記の2日目の内容を書いています。

 

▽1日目:富良野観光、旭川 3日目:ノーザンホースパーク、新千歳空港 はこちら▽

 


旅行の2日目は、旭川にある『旭山動物園』をゆっくり楽しんだあと、宿泊予定地である札幌へ向かうというプランでした。

ここからは、

    • 『旭山動物園』

    • 元祖スープカレー『マジックスパイス』

    • 宿泊したホテル『ホテルローヤルステイサッポロ』

について体験してみた感想やよかったところなどをくわしくお伝えしていきますね!

 

では、本日もよい旅を~ 笑

一度は行ってみたい!『旭山動物園』

 

よくテレビなどでも動物の展示方法がユニークでおもしろいと話題になっていたのでずっと気になっていて、一度は行ってみたい動物園でした。

息子も動物が大好きなので、2泊3日の弾丸旅行でしたが旭山動物園は外せませんでした。

 

わくわくする気持ちで朝から動物園へ。

園内をゆっくりじっくり回りたかったので、この日の夕方まで他の予定は入れませんでした。

 

 

実際に回ってみて感じたことは・・・

『他の動物園とちがう!!』(いい意味で)

 

その理由は

楽しめる工夫がたくさんあった!

 

◎動物たちの習性や豆知識がたくさん手書きで書かれて掲示されていました。
動物をただ見るだけではなく、その動物に関する知識もふえてより楽しめるなと思いました♪
なんでもそうですが、知れば知るほどおもしろくなりますもんね^^
こんな嬉しい工夫があると、大人も動物のことをくわしく知りたい子供も楽しめますね!
◎動物の習性を活かした展示がされていました。

たとえば、カバってほとんど水中に潜っていてめったにお目にかかれなかったりしますが、旭山動物園では、水槽の横や下が透明になっているので、水中で泳ぐカバもじっくり見れちゃいました!

 

ほかにも、チンパンジーの子どもが魅力的な遊具(見た感じめっちゃ面白そうで、4歳の息子があそこで遊びたいぃ~!ってごねるくらいの人間の子にも魅力的なやつ)でターザンみたいな遊びを楽しそうにしている姿を見られたり。

 

ほかの動物園ではつまらなさそうに過ごしている(ように見える。そりゃ檻に入れられて不自然な環境ですもんね・・・)動物たちが、比較的生き生きとした姿を見せてくれているなと感じました!

 

だから見ているこっちも興味津々で見られたり、動物園にいるけど野生の動物の姿ってこんなんなのかなと想像しながら見られるので、とても楽しめました♡

思い切って行ってよかったです♪

 

 

ここからは、写真が撮れた動物たちを少しだけご紹介します。

 

ホッキョクグマ(シロクマ)



「もぐもぐタイム」というイベントがあって、ホッキョクグマのお食事の様子をちかくで見られるのですが、それを見るのに、15分~20分くらい並びました。

並んでいると、「はい、じゃあここから次の回になりますので、少々お待ちください~」と
たまたま列の先頭になったので、最前列のベストポジションでシロクマさんを見ることができました。超絶ラッキー!

 

飼育員さんが魚をポーンと水中に投げ、それを潜って食べるシロクマさん。

大きなクマが水中を泳ぐ姿はとてもかわいかったです。

真っ白な毛がふわふわゆらゆらなびいてて、手足の肉球みたいなのもかわいかった♡

ほかの動物園ではシロクマが泳いでいる姿はあまり見られませんが、旭山動物園ではめったに見られないシロクマの生き生きとした姿を見られて、家族全員大興奮でした♪

そしてこのシロクマさん、魚が主食かと思いきや、食事の9割はアザラシなんだそうで。(もぐもぐタイムでは魚だったけど、裏でアザラシ食べてるのかな!?とか思ったり・・・)

 

補足情報
「もぐもぐタイム」のイベントは時間が決まっています。

私たちが行った時期(7月上旬)は11時~だったのですが、変更される場合もあるので、もしシロクマさんのもぐもぐ(潜って食べてる)している姿を見たい場合は、事前に調べてから、「もぐもぐタイム」を狙って行かれることをおすすめします!

 

フラミンゴ


この何とも言えない綺麗なボディーの色とか、立ち姿とかが好きなんです。笑

いちど、ほかの動物園でフラミンゴたちが一斉に鳴いて踊り出してからさらに好きになりました。

エイトマンも以前はいちばん好きなくらいだったのに、今回は完全スルーでした。。。

ママはもっとゆっくり見たかったのに!

 

シロフクロウ



↑真っ白なのはオス。冬は雪と同化するらしいです。


↑模様があるのがおそらくメス(か若鶏)。

 

めずらしい動物です。

ほかの動物園ではあまりお目にかかれないはず。

この目が笑っているようで、とても癒されました♡

 

そしてこの子たち、意外と大きいです。それもそのはず、北極圏で最大の猛禽類だそうな。

 

 

もっと紹介したい動物がたくさんいたのですが、動物愛が溢れ出してしまうのでこれくらいにしておきます。

 

次は園内でのランチについてです。

ランチについて

 

この日のランチは、動物園内のフードコートで食べました。


(その前にちゃっかりソフトクリーム食べてます。無添加ソフトだったけど、美味しかった!北海道すごーい!笑)

我が家にはまだ1歳の子がいたので、うどんを食べさせたくてフードコートにしようということになりました。

11時半くらいに行ったら、席がまだ空いていてすぐに座れました。

でも、12時前くらいからあっという間に席が埋まっちゃって、そのあともどんどん人がなだれ込んできてたので、フードコートで食べるのであれば、少し早めのランチタイムをおすすめします♪(それか、子供が空腹に耐えれるのであれば遅めのランチか)

 

「あまり食べる時間を気にしたくない!」という方であれば、テイクアウトできるメニューもあったので、好きな時間に買って外で食べてもいいかもしれませんね♪

 

私と旦那さんはご当地の『旭川ラーメン』を食べたけど、「うーーーん。」って感じの味でした。笑

(やっぱりラーメン専門店とフードコートの味は違いますね!そこは期待したらあかんと思いました)

 

 

そして、ランチ後はまた園内のいろいろなところを散策しました。

 

さいごは

お土産を買う

 


息子たちそれぞれに靴下ひとつずつ。

幼稚園の鞄に着ける用の小さいペンギンのぬいぐるみキーホルダー。

(なぜかどちらもペンギンを選ぶ5歳息子。あなたペンギン全然見てなかったやん・・・笑)

 

この買った靴下たちは、帰ってきてから子供たちがすごくよく履いているお気に入り靴下になりました♪

 

 

お土産を買ったあと、14時半くらいに動物園を後にしました。

 

いや~楽しかった!!

旭山動物園はけっこう広いですし、時間をかけてじっくりまわるとより楽しめると思います♪

子連れ家族はもちろん大人だけでもじゅうぶん楽しめる素敵な動物園だなと感じました!

 

ただ、帰ってきてから後悔したことがありますので、この記事を見ているみなさんには同じ後悔をしてほしくないなと思うので書いておきますね。

 

後悔したこと
ペンギンエリアのけっこう見どころな場所(水中を泳ぎ回る姿をみることができるトンネル)を見逃してた!!と気づくも時すでに遅し。
ペンギンの『もぐもぐタイム』もあったようで、調べていけばよかった!と激しく後悔しました。(もう次はいつ行けるかわからん。泣)

もしこれから動物園に行かれる方で、効率よく回りたい!という方は【旅ぐるたびの記事】をチェックしてから、存分に動物園を楽しまれるとよいかと思います。もぐもぐタイムについてもくわしく書いてありますよ♪

宿泊予定地の札幌へ。(車で2時間くらい)

 

ホテル(詳細はのちほど)にチェックインして荷物を置いてすぐ

私が一番と言っても過言ではないくらい楽しみにしていた『スープカレー』を食べにしゅっぱーつ!!

 

むかったお店は

『マジックスパイス 札幌本店』

 

今では広く知られていておいしいと人気の「スープカレー」はこのお店から生まれました。

人気に火をつけたスープカレーの元祖です。

マジックスパイスに決めた理由

 

他にもスープカレーのお店色々あるのに、どうしてここに決めたの?って思いますよね。

正直、直前までどこのスープカレーを食べるかすごく迷いました。

1回しか食べる機会がないから、それはもう慎重に決めて失敗したくないという思いが強かったんです。笑

でも、調べている時にマジックスパイスさんのサイトを見て、ここにしよう!絶対ここに食べに行く。ってなりました。

 

それは、サイトのトップページに

■日本では歴史も浅く、多様化した我が国の食文化にあっても、まだまだ使用量の少ない(南国生まれの)多種多様な個性を持つスパイスですが、これほど奥が深くしかも、メカニカルでシステマティックな時代に生きる現代人の健康を手軽にサポートしてくれる食品は他に見当たりません。

■「医食同源」これがマジスパの永遠のテーマ、座右の銘。毎日の「食」から元気になる。小さな新発見から大きな感動と幸福感を得るためのマジスパからの食提案です。

 

なんてことが書かれてて「おぉ!とても共感します」ってなりまして。

それに、食べるなら、やっぱりブームの火付け役になった元祖を食べねば!ということで、色んなお店と迷いましたがここに決めました。

いままでスープカレーを食べたことがなかったし、最初に食べるのにぴったりのお店だと思ったんですよね。

 

味は?


↑「北海道限定メニュー」

 

スープカレーの種類もトッピングもたくさんあって迷いましたが、私はせっかく北海道に来たのでここでしか食べられない「北海道限定メニュー」を注文。

味は、めちゃくちゃ美味しかったです♡♡♡(すいません、食レポ苦手で・・・)

初めてスープカレーというものを食べたのですが、うま味というかなんというか奥深い味がしました。

鶏肉はホロホロ柔らかで、ボリュームもたっぷり!お腹いっぱいになりました。

 

実際にスープカレーというものを食べてみて、「スープカレーって想像してたんと違う!」と私と旦那さんはふたりとも同じ意見でした。笑

カレーって聞いたらいつも食べてるルーのカレーを思い起こすけど、全然それとは違う。

「こんな美味しいんだ・・・スープカレーって・・・」という幸せな気持ちで夢中で食べました。

 

スープカレーを食べたことがない人は、きっとイメージをくつがえされて(いいほうに)感動すると思いますよ!(衝撃的おいしさ)

わざわざ北海道までスープカレーを食べに行くという人の気持ちがわかりました。

 

子どもでも食べられる?

 

そうはいってもカレーっていうくらいなんだから、「辛いんじゃないの?」「私辛いの苦手で・・・」とか、「小さい子どもも食べられるの?」っていう疑問がでてくるかもしれませんね!

 

でもそんな方でもマジックスパイスのスープカレーは安心して食べられるんです。

辛さの段階が選べるし、全く辛さなしにもしてもらえます。(子ども連れにはありがたい!)


我が家にも1歳と5歳の息子がいるので、「辛さなし」にしてもらって、二人で分け分けして食べました。

子どもたちもよく食べてましたよ!

下の子はもともと食欲の塊で何でも食べるんですけどね・・・。

上の子はじっと座ってなくて座席から床に派手に転げ落ちるというハプニングもあり、少しブルーも味わいながらの食事でしたが、「おいしい♡」と言ってました。笑

 

ここが感動した!

 

店員さんたちがすばらしい接客をされているなと思いました。

 

1歳の小さい子供も食べるということを察して、『お子さん用のスープカレーに入れる鶏は骨を抜いて小さく切った方がいいですか?』と聞いてくれたんですよ。

こちらからは何もお願いしていないのにそこまで気を遣っていただいて、すごくありがたかったんです。

おかげで食べる前の手間が省けてスムーズに食事をすすめることができました!

 

また、

店員さん『「ほんまに」とか関西弁っぽい感じのことばが聞こえてきたんですけど、関西の方ですか?私、一度京都に行ったことがあるんですけど・・・』みたいな感じできさくに店員さんが話しかけてきてくださったりして、ちょっと現地の方と交流できたので嬉しかったです。

(かわいいお姉さんだったし。笑 女子でもかわいい人に話しかけられるとテンション上がりますよ。・・・上がりませんか?私、オッサンですか?)

 

全体的に、すごいホスピタリティやなと感心しちゃって、ますますこのお店が好きになりました。

マジックスパイスを選んで、食べに来てよかったな~と思えました!

家族全員お腹も気持ちも満たされました♡

 

難波にもあるみたいなので、また行きたいです。というか、「また食べたくなるような癖になる味」なので、行くと思います。笑

店内のエスニックというか異空間みたいな雰囲気もけっこう好きだったり。

 

 

 

夜ご飯にスープカレーを食べたあとはふたたびホテルへ。

 

2日目に泊ったのは

『ホテルローヤルステイサッポロ』


ホテルローヤルステイサッポロ
↑ホテルのエントランス

 

『ホテルローヤルステイサッポロ』に決めた理由

 

◎子供がハイハイできる畳スペースがあった!

我が家には1歳のまだ歩かない息子がいたので、自由にハイハイできる場所が欲しかったのです。

みんなが靴で歩く場所をハイハイさせたくなくって・・・。

そんな要望をかなえてくれるお部屋がこのホテルにはあったのです。

最上階(といってもリーズナブル)のお部屋には、小上がりの広めの畳エリアがあったので、子供が自由にハイハイしたり動き回れるのがいいなと思いました。

 

◎部屋が広そうだった!

上の写真でもわかると思うのですが、お部屋がかなり広い。

大人だけなら部屋の広さはあまり気にならないのですが、小さい子供もいるので、きっとじっとしていない。

狭い部屋だと思うように動き回れないので子どもはストレスがたまってきっと機嫌が悪くなるだろうし、多めの荷物を広げる場所がなかったりするだろうなと思ったので、のびのび過ごせそうな広いお部屋はとても魅力的でした。

 

実際に泊ってみた感想

 

◎思ったとおり部屋がすごく広かった!

こんな広さいる?ってくらいでした。笑 

子供たちは走り(ハイハイし)回り、はしゃぎまくり、嬉しそうでした。

でも、タオル掛け?タオルリング?がなくて、え・・・?ってなりました。

(タオルじか置きってなかなかないですよね。使って濡れたタオル乾かないよね。ニトリとかで安く売ってるよ?つけたらもっと快適になるのに。って思いました。笑)

 

 

◎ベッドも広かった!

ダブルベッド×2でしょうか?2つくっつけて寝たら余裕で家族4人いっしょに寝れました

子どもの床への墜落が心配だったのですが、落ちたとしても床がじゅうたんだったので大けがはしなさそうです。

(実際はわかりませんが。だって子どもは予想もつかないアクロバットな落ち方するときありますもんね!)

 

赤ちゃん連れにも嬉しい
じゃらん』の予約ページを見ていると

“ベビーベッドの設置はデラックスツインルーム・和洋室に限ります” って書いてありました。
これらのお部屋ならベビーベッドを利用することができるみたいなので、赤ちゃんがいても安心して寝られそうですね♪

 

◎車は、ホテルの立体駐車場で預かってもらえる。

ホテルを出てすぐに車に乗れるのは、子連れとしてはとてもありがたいなと思いました。

それに、使うときはそのたびに出してもらえるので楽でした♪

補足
我が家はヴィッツをレンタルしたのですが、ヴィッツクラス以上のサイズの車は、高さ制限があるので預かれないみたいです。

その場合は近隣駐車場にとめることになるのかもしれませんので、あらかじめ問い合わせておくといいと思います。

 

◎朝食は、「ビジネスホテルの朝食」

期待は・・・しないほうがいいかもしれません。笑

1日目に星野リゾートの朝ごはんをいただいて、美味しすぎたからな~

でも子どもたちが食べられるものはちゃんとありましたよ!

米、パン、玉子焼き、サラダ、納豆、ウインナー、チキン、ヨーグルト、フルーツなど。

小さい子用のイスもちゃんと用意されていました。

 

◎繁華街すすきのへも近くて、アクセスがいい。

今回は繁華街へは行きませんでしたが、歩いて行ける距離なので、繁華街へ夜ご飯を食べに行く予定があったりする方にはおすすめの立地です。

 

『ホテルローヤルステイサッポロ』は、お値段の割に部屋がとても広く、ゆったりのびのびと過ごせたのでよかったかな~と思います。

子連れだとホテルではゆっくり気を休めたいですよね^^

スポンサーリンク
おすすめの記事