人気記事
1歳息子のスプーン練習法!遊びに取り入れるのがおすすめ♪
スポンサーリンク

 

こんにちは!

元保育士で2人の息子を子育て中のあいです(*'▽')ノ

 

今回は

いま1歳7か月の息子のスプーン練習法についてお伝えしますね!

 

今までは食事をするときに、手を使うことが多かったのですが、「そろそろスプーンを使って食べてほしいなぁ」と思って、少しずつスプーンで食べる練習を始めてみました♪

 

わが家で取り入れたのは、『楽しく遊んでたら、スプーンがうまくなってた!最高♡』というとっても簡単にできる方法です。

 

ぜひ、さいごまで読んでくださいね!

 

 

スポンサーリンク

子供がスプーンを使えるようになるには?

子供がスプーンを使えるようになるには?

 

今まで多くの子供たちを見てきましたが

スプーンを使えるようになるには、手首や指先がうまく動かせないとなかなか難しいのではないかと感じます。

 

ある日とつぜん使えるようになるわけではなく、ちゃんと使う範囲の筋肉や脳が発達してこそ使えるようになるんだと思うのです。

 

 

スプーンの場合

しっかり握ることができる

手首を返す(ひねるともいう)ことができる

狙った食べ物をすくって、運ぶことができる(集中力とかも関係してきそうですよね!)

 

これらの動きが自然にできるようになれば、それはもう上手にスプーンを使って食事ができるのではないかと思います!

 

なので

これらの動きを取り入れた遊びを考えてみました^^

 

1歳息子のスプーン練習法!(というか遊び♡)

1歳息子のスプーン練習法!(というか遊び♡)

『パスタうつし』


 

【用意するもの】

・乾燥パスタ(スプーンですくえるサイズであれば何でも!)

・スプーン(わが家で使ったのは計量スプーン。深さのあるもののほうがこぼれにくいです!)

・容器2つ

 

【遊び方】

まず一方の容器に乾燥パスタを全て入れます。

そのパスタをスプーンですくって、別の容器に移します。

 

単純ですが、この動作ができないと、なかなかスプーンを使うのがうまくならないと思っています!

 

 

そしてお箸を使えば、お箸の練習もすることができますよ♪

 

補足
手指の筋肉をしっかり鍛えるには、使うお箸はエジソン箸ではなく普通タイプの木のお箸がいいと思います。
エジソン箸は筋肉を使わなくても簡単に食べ物をつかめるようになっているので、短期間で普通のお箸を使えるようになってほしいと思うのであれば、最初から普通のお箸を持たせたほうがスムーズにいきます。
現に、働いていた園ではエジソン箸はNGでした。

お箸の中でも、木でできたものは手に馴染みやすいですし、物をつかんだときにすべりにくいので、最初に持たせるお箸としておススメです!

『水うつし』

 

『水うつし』遊びは、お風呂でしています。

 

【用意するもの】

・コップもしくはジョウロ

・容器(何でも!)

・水

 

【遊び方】

湯舟につかっているときに、コップ(ジョウロ)で水をすくって、別の容器に入れます。

 

この遊びは、とくに手首をひねるという動作を鍛えることができます♪

別の容器に狙って水をうつすように促すと、集中力もつきますね!

 

 

水でなくても、「砂をスコップですくってバケツに入れる」などの動作も一緒になるので、お外遊びのときにも取り入れることができると思います^^

 

補足
子供の握る力が弱そうだということであれば
◎鉄棒にぶら下がる
◎軟らかいボールをギューッと握る
◎タオルの端と端をもって、引っ張り合いっこ
などの遊びが効きそうです♪

まとめ:1歳息子のスプーン練習法!遊びに取り入れるのがおすすめ♪

まとめ

 

子供がスプーンを使えるようになるには

しっかり握ることができる

手首を返す(ひねるともいう)ことができる

狙った食べ物をすくって、運ぶことができる(集中力とかも関係してきそうですよね!)

必要があると考えます。

 

そして

わが家ではこれらの動作を鍛える遊びとして

 

『パスタうつし』

『水うつし』

 

という遊びを取り入れてみました!

 

この遊びを取り入れてから数日になりますが、1歳の息子は前よりスムーズにすくえるようになってきたし、口に確実に運べるようになってきているので、効果はあるなと感じています♡

 

 

食事は1日3回しかないですし、あまりがっつり練習はできないと思います。

(回数も少ないし、子供にストレスをかけちゃっても食事が楽しくなくなるので・・・)

 

なので

食事以外の時間にスプーンの練習ができればいいかなと思って、わが家では今回ご紹介した遊びを取り入れてみました!

 

よければこれらの練習法(というか遊び♡)を取り入れてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク
おすすめの記事