人気記事
絵本を読むメリット
スポンサーリンク

こんにちは!

元保育士で2人の息子を子育て中のあいです。

 

この記事は、

「絵本ってどんなメリットがあるの?」「子供に読んであげたほうがいいの?」と思われている方に読んでいただけると嬉しいです。

 

ではさっそく、絵本を読むことで得られるメリットの内容をお伝えしてしまうと

  1. 字やより多くの言葉を学べる
  2. 考える力がついて、知識も増える
  3. 言葉だけでは教えにくいことが教えやすくなる
  4. 感性が育つ
  5. 将来本を好んで読むようになる可能性が高い
  6. 親子のきずなが深まる

 

という6つのいいところがあります。

 

ここからはそれぞれのメリットについてくわしく説明してきますね!

絵本を読むメリット6つ

絵本を読むメリット6つ

1字やより多くの言葉を学べる


絵本は絵とあわせて、文字も一緒に書かれているのがほとんどだと思います。

当然のことながら、ひらがな、カタカナ、漢字、英語などを読む練習にもなりますよね♪

 

ドリルやポスターなどで字を学ぶという方法もありますが、お気に入りの絵本があれば子供は勉強していると思わずに自然と「知りたい」「読みたい」という気持ちから字が読めるようになります。

自分で興味を持ったものであれば、子供は楽しんでどんどん学んでいくんですよね。

 

字が読めるようになると、絵本の内容がもっと理解できるようになって「嬉しい」「楽しい」という気持ちがでてきますし、「もっと絵本を読みたいな」、「絵本っておもしろいな」って思うようになり、絵本が好きになることにもつながります。

そうなると、絵本を読む⇒字を覚える⇒さらにもっと絵本を読むようになる⇒もっとたくさんの字を覚える

といういい流れをつくることができます。

 

そして、絵本を読むことでいろいろな「言葉」や「言い回し」を知ることもできます。

 

ふだん子供とすごしていると、どうしても使う単語や会話というのが限られてきて(パターンが決まってくる)、「同じような言葉やフレーズを使っている」なんて状況になりがちだと思います。

そうなると、子供は話しかけられることばで言語を習得していくので、言葉はなかなか増えないですよね!

 

中には「できるだけ多くの新しい言葉を取り入れて子供に話しかけるようにしている」という方もいると思いますが、絵本を使えばもっと簡単にいろんな言葉を子供に教えることができます。

自分では思いつかなかったような言葉もたくさん絵本には書かれているはずです。

 

そして、絵本には絵が描かれていたり、登場人物が会話をしていたりして、その言葉がどういうシチュエーション(場面)で使われているのかまでわかるので、子供は「こういうときに、この言葉を使うんだな」と理解でき、日常生活でも使えるレベルの言葉を身につけることができます。

 

たとえば、「くし」という言葉を取りあげてみると

  1. くしの実物を見せながら、「これはくしだよ」と教える
  2. 絵本で床屋さんがくしを使ってお客さんの髪をといているページを見せて、「これはくし。髪の毛をとく道具だよ」と教える

 

このどちらが使える言葉になるでしょうか?

 

きっと、②のほうが、「お母さん、髪の毛がからまっちゃってどうしよう」などと言ったときに、『じゃあくしを使ってといたら?』という言葉がでてくる可能性が高いですよね。

言葉は知っているだけではなく、使うために習得するので、どんな場面で使うのかというところまでわかる絵本は言葉や言い回しを教えるときにとても便利なのです。

 

ここまで、絵本はさまざまな文字や言葉を教えるときに使えますよとお伝えしてきましたが、

ではなぜ多くの言葉を教えたほうがよいのでしょうか?

 

それは、たくさんの言葉を知っていれば、表現力も豊かになりますし、自分の気持ちをきちんと言葉で伝えられるようになって人とのコミュニケーションを楽しむことができるからです。

きっと伝えたいことがうまく伝えられるとストレスも減りますよね^^

逆にうまく自分の思いを伝えられないと、相手に誤解されたりしていい人間関係が築けないということも起こり得ます。

 

なので、言葉を積極的に教えることで、子供が将来、「人とコミュニケーションを取るのが好き」「いい人間関係を築いて人から信頼される」という状況につながりやすくなると思っています。

 

2考える力がついて、知識も増える

 

絵本を読んでいると、「どうしてこうなったのかな?」や「次はどうなるんだろう?」などと考えながら読むことになると思います。

想像をふくらませて、自然と子供がみずからいろいろと考えだすはずです。

「自分で考える力」をしっかり身につけておくと、きっと子供は周りに流されず自分の意見をしっかりもって生きていけるようになると思います。

 

また、絵本からは自然と多くの知識も得られます。

たとえば、

虫の絵本からは、いろんな生態の虫がいるということがわかったり

海の絵本からは、水着を着て海にはいるし、海には波というものがあるということがわかったりします。

 

見たことない、行ったこともないけれども、絵本を見ているだけで勝手に知識が増えるんですよね。

それってすごくないですか?

 

3言葉だけでは教えにくいことが教えやすくなる

 

  • あいさつ

  • トイレトレーニング

  • クリスマスやお誕生日などのイベント 

などはなかなか言葉だけで教えるのは難しいと感じるのではないでしょうか?

 

そんなときは、生活習慣やしつけ、イベントに関係する絵本を使うと、とても説明しやすくなります。

  • どんな状況で「こんにちは」というのか

  • 排せつはどういう風にするのか

  • クリスマスはどういう雰囲気で何をしてすごすのか

 

このようなことを絵本をみている子供は、まるで体験したかのような気持ちで知ることができるので、わかってもらいやすいというメリットがあります。

 

4感性が育つ

 

絵本にはそれぞれストーリーがあって、映像ではないですが、『短い映画』のような感覚でみれるものだと思います。

いろいろなおはなしを読む(きく)ことで、「おもしろいな」、「かなしい」、「かわいそう」、「すごいな」、「こわいよ」などの幅ひろい感情を感じられるのではないでしょうか?

 

さまざまな場面から自分の感情を感じ取ることってとても大事ですよね。

なぜなら、自分の気持ちをちゃんと感じることができていると、他の人もこういう気持ちになるんだよなとわかってあげられますし、

逆に、自分の気持ちをちゃんと感じていないと、人の気持ちなんてもっとわからなくて共感してあげられないなんて状況になったりすると思います。

 

なので絵本をよむことで、感性がみがかれて、人の気持ちを理解する練習にもなるといういい面もあります。

ほとんどの方は子供に「人の気持ちがわかる子になってほしい」と願っているのではないでしょうか。

 

5将来、本を好んで読むようになる可能性が高い

 

本をよむと知識や知恵がふえて、視野が広がったり、役立つ情報を得られたりするというメリットがあります。

これからもし子供が悩んだり、何かについて深く知りたくなったときに『本』はとても役に立つはずです。

それに、たった6分の読書はストレスを軽減する効果があるとイギリスのサセックス大学の研究チームが発表していることも興味深いですよね。

 

本を読むメリットは計り知れないくらいあるので、「子供にもできれば読書をする習慣を身につけてもらいたい」「本から得た知識をうまく使うなどして、世の中で活躍する人になってほしい」と思っている方も多いと思います。


小さいときから絵本を好んで読んでいる子供は、大人になってからも本を読むことに抵抗を感じにくいと思いますし、みずからすすんで読書をする可能性も高まると思います。

絵本のおもしろさがわかる子供は、本のおもしろさもきっとわかるでしょう。

 

次がさいごの6つ目です。

6親子のきずなが深まる

 

働いていたり、まだ下の子が赤ちゃんで手がかかるなどのご家庭であれば、なかなか子供(上の子)とゆっくりかかわってあげられないという状況もあるかと思います。

そうでなくても子育て中はハプニング続きですし、家事もなかなかすすまない。そんな中で落ちついて子供と一緒にすごすタイミングを見つけられないという方もいると思います。

 

そんなとき、1冊でも絵本を子供に読んであげる時間をつくるだけで、親子の距離が近くなり、特別な時間をすごすことができます。

 

子供は、絵本を読む親の声をきくだけでも安心するでしょうし、自分のために読んでくれているんだな、嬉しいなってあたたかい気持ちを感じると思います。

いつもかまってあげられていないからといって、たまに無理して子供の遊びにとことんつきあうよりも、絵本をまいにち1冊読むほうがきっと続けやすいのではないでしょうか?

 

さらに絵本の内容について子供と話すことで、会話がはずんだり、コミュニケーションが深まるというところもメリットになると思います。

「子供とどうコミュニケーションをとればいいかわからない」という方でも、絵本はいいきっかけを与えてくれるでしょう。

 

まとめ

 

さいごに、絵本のメリットをもう一度まとめると、

  1. 字やより多くの言葉を学べる
  2. 考える力がついて、知識も増える
  3. 言葉だけでは教えにくいことが教えやすくなる
  4. 感性が育つ
  5. 将来本を好んで読むようになる可能性が高い
  6. 親子のきずなが深まる

 

ということでした。

 

子供に絵本を読んであげるとたくさんのいいことがあるので、1日1冊からでも育児に取り入れてみてはいかがでしょうか?

絵本タイムが親子ですてきな時間になりますように♪

 

▼絵本の読み聞かせを毎日つづけるコツはこちら▼

▼赤ちゃんや小さい子におすすめの絵本はこちら▼

スポンサーリンク
おすすめの記事