人気記事
子どもが泣き止まない!気持ちを落ち着かせる方法とは?
スポンサーリンク

 

こんにちは!元保育士で2人の息子を子育て中のAiです。

 

みなさんのお子さんは、癇癪などを起こしたときにすぐ泣き止むほうですか?

 

現在5歳の息子エイトマンは一度ヒートアップすると、赤ちゃんの頃からなかなか泣き止まないタイプでした。

全力で泣き、わめいて、しまいには何で泣いていたのかわからない状態になることもしばしば。笑

 

私は、泣くことは別に悪いことではないと思っています。(私も泣き虫です。すぐ泣く。笑)

泣くというのは、感受性が豊かで、しかも激しく長く泣くのは、気持ちが強い証拠ですよね!

その子はそれだけのエネルギーを秘めているということになる。

 

人は、言葉で表せない気持ちが溢れて泣くことが多いですよね。

だから、泣きたい時は我慢せずに泣くのが一番だと私は思います。(恥ずかしいことなんかじゃないと思ってます)

むしろ、泣きたいときに無理に我慢して気持ちを抑え込んだ方がストレスが溜まるらしいです。

自分の気持ちに嘘ついちゃいけないよってことですね~。

素直に受け入れた方が回復は早いのです。

 

子どもが泣いたときは、

『泣いてもいいよ』

『気が済むまで泣いたらいいよ』

っていう気持ちを示してあげることで、子どもは安心するかもしれません。

 

ケガをしたり、怖かったりして子どもが泣いたときは、こちらも優しい気持ちで対応できると思いますが、問題は理不尽な主張をしてきたりしたときに癇癪をおこして泣く場合ですよね・・・。

大抵こちらの方が長引くことが多いかと思います。

 

子「お外遊び行きたい~!!泣」(でも外は雨)とか。笑←2歳児くらいであったかな?
(今では、激しく泣くということはもうあまりないですが、あるとすれば叱られて泣くパターンが多いです)

眠たかったり、体調が悪かったりしたら余計ヒートアップすることも。

 

そんな時は、まず、

気持ちを受け止めてあげる。

「そっかー。お外で遊びたかってんね。外で走り回りたいよなぁ。」
(「いやいや、雨降ってるし、無理やん!」って言うのを頑張ってこらえて(笑)・・・子どもの言葉を反復するのでも効果あると思います)

 

そうすると、泣き止みはしないと思いますが、子どもは

『あっ、ぼく(わたし)の気持ちをわかってくれてる』

って思うはずです。(色んな子どもとかかわってきて、1歳くらいからもうわかっていそうだと感じます)

 

子どもの気持ちに寄り添ってから説得するのと、最初から子どもの気持ちをスルー(無視)して、断固無理っていう態度を取り続けるのと、どちらが早くその子の気持ちが落ち着くかは・・・

明らかですよね!笑

 

私の(保育士・育児)経験上、

必ずと言っていいほど、

まず子どもの気持ちを受け入れてあげたときの方が落ち着きが早かったです。

 

そして、叱られて泣いているときや、自分の主張が通らなくて癇癪をおこしているときなどについては、こちら側も譲れない場合があると思います。(泣き止んでほしいからといって、親の主張を変えると、子どもは「さっきと言ってること違うやん」と不信感を持つので、心が痛むと思いますが、一貫することは大事だと思います)

 

じゃあそういうときは、説得も何もしようがないので、ただ子どもの気持ちが落ち着くのを待つことになると思うのですが、

そんな状況になったとき、

私は具体的にこんな方法を使っています♪

 

まず、ある程度は思う存分泣かせておいて、ちょっと泣き声が途切れたり、小さくなってきたりしたとき(疲れてきたとき)を見計らって、優しいトーンで声を掛ける。

ぎゅっとハグしてもいいし、手を握ってあげてもいいし、背中をさすってあげてもいい。
何でもいいので、スキンシップをとる

 

と、我が子の場合は落ち着くことが多いかなと感じます。

 

3、4歳くらいになって、色んなことがわかるようになってきたら、スキンシップにプラスして、一緒に深呼吸をしてみる。

「いっぱい息をすって~ ゆっくりはいて~」

みたいな感じで、何回か繰り返すと、さっきまで泣いていたのがウソのように落ち着くのです。

 

エイトマンは、最近は、自分で抑えられないくらい泣いたときは、

『ママ、あれしてぇぇ~(号泣)』←深呼吸のこと

と自分から言ってくるようになりました。

 

今はまだ親のサポートが要りますが、ゆくゆくは自分自身で気持ちをうまくコントロールできるようになればいいなぁと思っています。

 

自分の気持ちをうまく安定させる何かしらの方法を知っていれば、子ども自身もしんどくなりすぎることはないでしょうし、対人関係でのトラブルも回避できるんじゃないかなと考えています。

 

子どもがなかなか泣き止まない、落ち着かないなどでお悩みの方は、この方法を一度試してみてください♪

なすすべもなく、子どもがずっと泣いている声を聞くのは、なかなか辛いものがありますもんね~(涙)

 

効かなかった場合でも、諦めるのではなくて、その子にあった方法が他にあるかもしれないので、一緒に探してみるのもいいと思います^^

1つでも、あるのとないのとでは全然違うと思いますし、今後きっと役に立つと思います。

 

 

子育ては、目に見える部分の成長をサポートするイメージがありますが

見えない部分(精神面)の成長のサポートも必要かなと感じている今日この頃です♪

 

 

ではまたっ!

スポンサーリンク
おすすめの記事