人気記事
人気のトリビュートのベビーモニターの特徴と実際に3年間使用した感想。
スポンサーリンク

こんにちは!

元保育士で2人の息子を子育て中のあいです(*'▽')ノ

 

今回は、我が家にとっては、絶対に手放せない育児アイテムの

『ベビーモニター』についてです。

 

我が家では、トリビュートのベビーモニターを3年以上使っているのですが

これがすごく使える奴でして、もうずっとモニターに救われまくりです。

あるのとないのとでは、気持ちが全然違います!

 

私はすごく心配性なのと、保育士をしていた時に睡眠チェック(お昼寝時に、ちゃんと子供たちが息をしているか定期的に値チェックすること)をしていたということもあって

小さい子供が寝ている時は、細心の注意をはらってきました。

 

それは、赤ちゃんの睡眠時にSIDS(乳幼児突然死症候群)窒息などの事故が起こり得るということを知っていましたし、怖かったからです。

 

だから、まだベビーモニターを買っていなかった時期は、何度も子供の様子を確認しに行ったりして

ずっと落ち着きませんでした。。。

 

日中の育児で疲れているのに、子供(赤ちゃん)が寝ているあいだもずっと神経を使っていたので

すごく疲れていたんですよね!(いつゆっくり休めるの?って感じでした)

 

そんなとき、「なんとかしたい!子供が寝てるあいだくらいゆっくりしたい!」と思って、

出会ったのがベビーモニターだったんです。

 

あい
運命の出会い♡

 

ベビーモニターを使うようになってからは

◎神経を休めることができて、自分の時間を満喫できるようになった!

◎家事などの用事に専念することができるようになった!

 

という嬉しい状態になりました♪

 

 

「ベビーモニターってほんとに役に立つの?」

「ベビーモニターってどんな機能があるの?」

「人気機種トリビュートのモニターについて知りたい!」

という方に読んでいただければ嬉しいです。

 

ここからは、

・ベビーモニターのメリットと使うときに気をつけたいところ

・人気機種トリビュートのベビーモニターのくわしい機能と実際に使ってきた感想

についてお伝えしていきたいと思いますので

ぜひ最後まで読んでくださいね!

 

スポンサーリンク

ベビーモニターとは?

 

ベビーモニターは、子供がお昼寝や夜寝ているときに、カメラで子どもが寝ている様子を確認できるアイテムです。

泣いたり物音をたてたりすればわかる音声のみのモニターや

映像をうつしてくれて子どもの様子をリアルタイムで見れるモニターもあります。

 

子供の睡眠を親のかわりにずっと見守ってくれるアイテムになります。

 

ベビーモニターのメリット

ベビーモニターのメリット

寝ているあいだは自由にすごせる

 

子供が寝たら、「たまった家事をかたづけたい!」「自分のフリータイムを満喫したい!」という方も多いのではないでしょうか?

 

でも子供が見えないところ(離れた部屋など)で寝ていたりすると、起きるタイミングがわかりづらいですし

泣いていないか聞き耳をたてたりして、様子がわからない分、けっこう不安になったりすると思うのです。

 

それに、ちょくちょく見に行ってたりしたら、家事とかも満足にできないですし

ずっと神経を使ってて本当の意味でゆっくりできないんですよね~。

 

でも

ベビーモニターをそばに置くようになってからは

子どもがかすかな声で泣いたり、動きだしたりすれば

音声や映像ですぐにわかるから、ちくいち確認しに行かなくてもよくなりました!

 

ベビーモニターが私の代わりに子供の睡眠を見守ってくれるようになったので、

安心して家事に専念できるようになったし、神経を休めながらまとまった自由時間を過ごすこともできるようになりました♡

 

また、友だちなどが家に遊びに来たときも、「モニターがあるメリット」を感じています。

 

子供を離れた部屋に寝かせて、モニターをつけておけば

多少リビングなどで友だちと騒いでも大丈夫だし、寝ている子どもに気を遣わずに自由に過ごせるんですよね♪

 

子供もゆっくり寝られるし、親も思う存分楽しめるし、両方ともにメリットがあると思います。

 

子供の安全を手軽に確認できる

 

さきほどもお伝えしましたが

赤ちゃんであれば、眠っているあいだに突然死亡してしまうというSIDS(乳幼児突然死症候群)や窒息などの事故が起こることもあります。

 

▼SIDSについてくわしく知りたい方はこちら▼

 

保育士時代にも、あってはならない事故などを防ぐために

赤ちゃんが寝ているときはとくに、神経をつかっていました。

 

わが子が寝ている時も、やはり気を遣ってしまいます。

 

でも、ベビーモニターを使うようになってからは

・うつぶせ寝はしていないか

・布団やぬいぐるみなどが顔にかぶさっていないか

・ちゃんと動いているか

・布団をちゃんと着て寝ているか

 

など、モニター画面ですぐ確認できるので

とても便利に感じましたし、安心することもできたんですよね^^

 

ほんとに、このベビーモニターは優秀で

育児の負担(とくに精神的な)を減らしてくれます^^

 

我が家では、まいにちお昼寝と夜寝るときにはかかさずモニターをつけています♪

 

 

こんな魅力があるベビーモニターですが、使い方に気をつけないと逆に危険になったりするので、その点についてもお伝えしていきます。

ベビーモニターを使うときに気をつけること

ベビーモニターを使うときに気をつけること

ベビーモニターにはすばらしい機能があってとても便利であるがゆえに

安心しきってしまうことも。

 

私の話になりますが、モニターを長く使うようになって慣れてきたころ

「子供が泣いたらモニターで聞こえるよね」と思って

あまりモニターの画面を確認せずに、家事などの用事に専念していたんですね。

 

そしたら、遠くのほうからかすかに泣き声がして。

 

そのときは、モニターがついているものだと思い込んでいたので

「近所の子供が泣いてるのかな~」なんて漠然と思ったりしていたのですが

なかなか泣き止まないので「あれ?」と思ってモニターを確認してみると

電源がついていない!!(コンセントさし忘れてたから充電切れで画面が消えてた←アホ)

 

なんてこと!

 

慌てて2階の寝室に駆けよったときには、えんえん泣きじゃくっている子供がいました。

マジでかわいそうなことをしました・・・。

 

安心しきっていた私は、モニター画面を確認していなかったのでしばらく気がつかなかったんですよ。

慣れって気が緩んでしまうこともあるから、気をつけないといけませんでした。

 

今後は音声だけに頼るのではなく、定期的にモニター画面も確認しようと反省しました。

 

 

他に気をつけることとしては

子供(赤ちゃん)が動けるようになってきて、いろんな物に興味を示すようになってきた頃からは

手の届くところにベビーモニターを置かないほうがいいと思います。

 

子供がモニターで遊んで壊れてしまったり、コードが首に絡まってしまっても大変なので

棚の上など子供が届かないところに置くようにすると安心です♪

 

ベビーモニターを使うときには、

モニターがちゃんと子供をみてくれていると安心しきってしまわずに、定期的にモニター画面を確認する

動けるようになった子供の手の届かない場所にモニターを設置する

 

というところを気をつけると、もっと安全に使用することができると思っています^^

 

 

次は、我が家で使って3年以上になる『トリビュートのワイヤレスベビーカメラ』について詳しくお伝えしていきたいと思います!

トリビュート『ワイヤレスベビーカメラ BM-C2501』の機能と使った感想

我が家で使っているベビーモニターは約4年前に購入したもの(上の子が1歳くらいの時)なので、少し型が古いです。

でも、その機能に満足しているのでこれだけ長いあいだ使ってこられました。

 

具体的に、使ってみていいなと感じたところをお伝えしますね。

Good☆Point
◎音声の感度がよくて、かすかな音まできこえる(音量が調整できる)
◎映像がきれい(赤外線機能がついてるので部屋が暗くても見える)
◎カメラの角度を手動で調整できる
◎ワイヤレス使用できる
◎こちらの声をモニターを通して寝室に届けることもできる
◎お値段が安め

映像ははっきりうつるので、子供の状態を詳細まで確認できます。

昼間カーテンを閉めきってお昼寝をしている場合、映像はこんな感じでうつります↓

トリビュート ワイヤレス ベビーカメラ BM-C2501

※モニター画面をスマホで撮影すると少しあらくなったのですが、実際の映像はもう少しきれいに見えます

息子は今1歳9か月なので、手の届かない遠めのところにモニターを設置していますが、赤ちゃんのときは顔の表情が読み取れるくらいの近い距離に置いていました。

 

ワイヤレス機能も本当に便利です。

電波のとどく範囲内であれば持ち運んで使うことができるので、庭しごとなどの用事をしていても気づくことができるんですよね!(一軒家の2階でモニターを使用して、庭まで電波はとどきました。家の構造や距離はそれぞれだと思うので、何とも言えませんが、結構はなれてても届くんだなという印象です)

 

下の子が生まれてからは、下の子のお昼寝時間に上の子を家の前であそばせたりしていました。

ベビーモニターがなければ、お外であそびたいと言われても対応できなかったと思います。

 

お互いの声が届くのもうれしい機能でした。

子供の声が聞こえるのはもちろん、見ているこちら側の声も子供に届けることができます。

 

最近は子どもたち2人だけで寝るようになったのですが

たまに騒いでいたり泣いたりしたときにモニター越しに声をかけると

落ち着いて寝つくことができているのでそういう面でもとても助かっています。

 

子供が泣きながら起きたときなども、「ちょっと待ってね、今行くから」と

モニター越しにいち早く声をかけてあげられるので、子供も安心すると思います。

 

このように我が家ではしっかり役に立っているので、気に入ってずっと使っています♪

そして今まで3年間、不具合もなく使えているので、しっかり作られていると思います。

 

他のベビーモニターと比べると安めで、じゅうぶん不自由なく使える機能があるので

最新型などにこだわりがなければおすすめの機種です!

 

今もまだ販売されているということは、人気の機種なんだなということがうかがえます。

 

そして、「最新の機種も気になる♡」という方もいると思いますので、あわせてご紹介しておきますね♪

最新機種トリビュート『ワイヤレスベビーカメラ BM-LTL2』

 

えびちゃんがおすすめしている人気のベビーモニターですね!

 

私が購入したすこし古い型「BM-C2501」の機能に加えて、

◎オートトラッキング機能(赤ちゃんの動きに合わせてカメラが自動的に角度調整してくれる)

◎手動でカメラの遠隔操作(角度調整)もできる

◎温度設定アラームつき(室温が設定範囲を外れると教えてくれる)

◎カメラから子守唄を流すことができる

◎授乳タイマー(時間ごとのアラーム設定で授乳の時間を教えてくれる)

といういたれり尽くせりの豊富な機能つきです。

あい
数年でこんなにプラスの機能がつくとは驚きです!

子供(赤ちゃん)は寝ているときもよく動くので、オートトラッキング機能はかなりうれしいですよね^^

 

また、別の部屋ですごしていると、子供が寝ている部屋の温度がわかりにくかったりするので

そういうときに室温が適切かどうか教えてくれるのはいいですよね~。

 

そしてこの最新機種「BM-LTL2」は、キッズデザイン賞とグッドデザイン賞をW受賞したお墨つきのベビーモニターです!

 

お値段は少し高めですが、まいにち何年も使うことを考えれば、コスパはいいと思います!

より多くの便利な機能がほしいという方におすすめの機種です。

 

まとめ

まとめ

ベビーモニターは赤ちゃんの安全を見守る役割もしてくれて、ママやパパの負担も軽減してくれる優れものです。

定期的にモニターをチェックしたり、置く場所に気をつけたりして使用すれば、育児の心強いアイテムになることと思います。

そして、トリビュートのベビーモニターにはほんとうにお世話になって、おすすめできる製品ですので、今回紹介させていただきました。

 

この記事がベビーモニター選びの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事